目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
    ウイルスの真のこわさは世界から握手とキスをうばいさること
                            上尾市  田中 澄子

新型コロナウイルスのもたらす厄災の深い側面をとらえた一首。予防のためには、人と会わないのが一番という。握手とキスという具体が、象徴としても機能している。                                 【 俵  万智 選 】 


      卒業す潜水服を光らせて   久慈市  和城 弘志

水産高校を卒業した生徒だろう。 今日から潜水服を着た一人前の漁師になる。 座五がいい。                             【 矢島 渚男 選 】


      憂さ晴らすところも海と海女言ひぬ   久喜市  深沢 ふさ江

ひとが多く住む陸は海女にとって、ストレスを感じる場所なのかもしれない。海女という職業をもったひとの生活を深いところから描いた。海女が春季の季語である。 
                                     【 小澤  實 選 】 


20.04.24
テレビCM   もう知事選か   ― 都民   (ひろ介)

20.04.21

初任給   マスク購入   ― 新入社員   (東京・奈菜子)

20.04.19
新三種の神器   マスク・消毒液・体温計   ― 令和   (茨城・瞬間的)

20.04.14

8時だよ!   全員解散   ― 居酒屋   (ナナハン)

20.04.10
 白いダイヤ   マスクのことです   ― 生産者   (海助)

20.04.07
閑古鳥   数え切れない   ― 日本野鳥の会   (茨城・洒落頭)

20.04.02
減便の羽田   濃厚接触です   ― 旅客機   (奈菜子)

20.04.01
開催日   19月23日   ― 東京2020   (東京・ゴカ坊)  

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        

【4月のUSO放送】 月間賞は茨城県、無職 三宅 一治(73)さん の
「新三種の神器」 に決まりました。賞金1万円と記念楯を贈ります。
                                                      ( ’20.05.01朝刊 )
 
  三種の神器  マスク・消毒薬・体温計  ― 令和  (茨城・瞬間的)                                        

          
         
 
        


      膝までも春泥貴方(あんた)なにしてた   つくば市  潮田  清

「あんた」が使われた句を始めて見た。 膝まで泥をつけて現れた友に、何をしたらそんな汚れ方をするのかと、皆が笑いながら尋ねている。 後半を関西風に読むと面白い。                               【 正木 ゆう子 選 】


柱にも出来不出来ある秩父かな   秩父市  内田 定男

秩父は山国。寒中には氷柱(つらら)が垂れる。内田さんはその氷柱の「出来不出来」を見定めている。ずんぐりより、すらりがいいのだろうか。
                                   【 宇多 喜代子 選 】


    「泣く」という字をごらんぼくらは泣いたあとしずく拭えば立ち上がれるさ
                               上尾市  関根 裕治

「泣」の字のさんずいのしずくを取れば「立」が残る。漢字の成り立ちを用いた歌は多いが、この発見は素晴らしい。歌謡曲風の詠み口も、内容とぴったりだ。
                                    【 俵  万智 選 】 


完璧に家事をこなしていた祖母の遺品となったカップの茶渋
                            大阪府  木村 由里亜

家事の達人だった祖母は食器もきれいに磨いていたが愛用のカップには茶渋が残っていた。渋の味わいを楽しんでいたのかもしてない。祖母への思いが伝わる歌。 
                                    【 栗木 京子 選 】 


      静寂に耐へてゐるなり大試験   上尾市  中野 博夫

試験監督の時ではなかろうか。 受ける方はむろんだが、静寂にじっと耐えている監督係も大変なこと。                         【 矢島 渚男 選 】


    ため息でふくらませてるシャボン玉いくら飛んでもそれはため息
                             守口市  小杉 なんぎん

高々と楽しそうに飛ぶシャボン玉と、ため息のギャップが面白い。 ため息で始まり、ため息で終わる工夫が効いている。                【 俵  万智 選 】 

                         < ため息でシャボン玉ができる? > 


カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[12/10 ?]
[10/30 読売読者]
[09/06 榎丸 文弘]
[02/01 ?]
[01/04 佐藤学]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター