目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
捨ててこそ、新しい人生が始まる
 60すぎたら、どんどん捨てなさい
  ①親を捨てる ②子供を捨てる ③友人を捨てる ④家を捨てる 
  ⑤見栄を捨てる ⑥年賀状やお中元をやめる ⑦カネを捨てる 

                       【 週刊現代 03 / 01号 新聞広告 】


 〒769-1108
  香川県三豊市委託間町 粟島1317-2
    漂流郵便局留  


 6月27日(木)の午前6時からNHK・BSプレミアムで、
タリス・スコラーズ(合唱)が放送されます。
今回は2011年に来日したときの作品の再放送で、
昨年の演奏会より声が澄んでいると思います。

録画して、「子守唄?」としてお楽しみください、よく眠れます。

私の一番好きな作品です。


穴井(隆将)は笑顔を見せて、この日の畳に上がった。競技人生で初めてだったという。「プレッシャーをかけずにやれたのがうれしかった」。そんな思いが、優勝という結果に結びついた。
準決勝でも、「(石井の)出はなをくじいてやろう」と、迷いなく仕掛けた体落としで見事に一本勝ち。右手で畳を3回たたいて喜ぶ姿に、「笑顔を見せて楽しいんだな」と石井(竜太)は感じた。 決勝でも、経験を生かして 若い原沢(久喜)に技を出させなかった。
日本男子のエースといわれながら、ロンドン五輪では2回戦敗退。その後は強化選手を辞退し、母校の天理大で学生を指導しながら、自らは週に2、3回練習する日々。 重圧が一切ない中での柔道は、5歳で始めた頃の楽しさを呼び起こした。
穴井はこの日、対戦相手の目から勝負への意欲を感じ続けたという。「昔の俺はこうだったんだと思った。そして改めて(現役続行は)無理だと感じた」。柔道の楽しさを再確認しつつ、第一線では戦い続けられないと悟った、有終の舞台になった。                【 13.04.30 読売新聞 】


田原総一朗・司会の「朝まで生テレビ」 ( テレビ朝日系 )
    「激論!ネット世代が日本を変える?!」

パネリスト
飯田 泰之 ( 明治大学政治経済学部准教授、37 )
荻上 チキ ( 評論家、「シノドスジャーナル」編集長、31 )
乙武 洋匡 ( 作家、東京都教育委員、37 )
駒崎 弘樹 ( NPO法人フローレンス代表理事、33 )
慎   泰俊 ( NPO法人Living in Peace代表理事、31 )
津田 大介 ( ジャーナリスト、メディア・アクティビスト、39 )
経沢香保子( トレンダーズ(株)代表取締役、39 )
古市 憲寿 ( 社会学者、東京大学大学院博士課程、28 )
堀江 貴文 ( SNS(株)ファウンダー、40 )
堀     潤 ( 市民ニュースサイト「8bit News」主宰、元NHKアナ、35 ) 
TOKYO PANDA ( カリスマファッションブロガー、上海在住、29 )

この中の誰か一人を検索してみませんか。きっと新しい世界が広がります。
  <ケーブルテレビ「テレ朝チャンネル2」で5月12日5時から再放送>


カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
[09/09 葦原 設二]
[06/16 菅邸の意向]
[12/18 kaikoma]
[11/11 macchi]
[05/01 ?]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター