目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
   里芋に母の仕事の粘りかな   仙台市  内海 弘利

母上自身、手抜きなくきちんと仕事をこなす粘り強い方なのだ。粘りのある美味(おい)しい里芋を、子供の頃から食べて育った作者だろう。 【 正木 ゆう子 選 】


   父あらば父さえあらば竹の春   榎  正好

父恋の句。「母あらば」であればだれにでも共通する思いとしてわかり合えるところがあるが、父となると作者個人の心情が強くなり、思わず引き込まれる。
                                   【 宇多 喜代子 選 】


  恋愛に発展できぬ予感するエンドロールで席を立つ君
                         前橋市  長谷川 裕香

エンドロールで余韻に浸りたい派か、出口が混む前に立ち上がる派か。ちょっとした感覚や習慣の違いが、 恋の妨げになることがある。 その例として、説得力のある一首だ。                                【 俵  万智 選 】


   残る蝿飛ぶに飛べなくなりにけり   群馬県  榎丸 文弘  

村上鬼城の「冬蜂の死にどころなく歩きけり」を思わせつつ、飛びたくても飛べなくなったという把握には生き物の哀れを詠って独自なものがある。作者は鬼城と同県の人。                                【 矢島 渚男 選 】 

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

衰えし冬のひかりの壁にゐて蝿はおのれの黒き影負う

   衰えし冬のひかりの壁にゐて蝿はおのれの黒き影負う
                          所沢市  黒川 秋夫      

冬の蝿はなかなか感情をくすぐるものである。永遠におのれの影を引くよりない蝿に、私自身のすがたを重ねているのだろう。韻律がうつくしい。 【 小池  光 選 】


寝袋にねむる銀河に浮かびつつ   水戸市  中崎 正紀

野外で寝袋に入って、秋の夜空を見ながら眠ろうとしている。いつか大地、地球は消えてしまって、銀河のただなかにただひとり浮かんでいるような感じである。
                                      【 小澤  實 選 】


カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
2 3
4 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[11/11 macchi]
[05/01 ?]
[03/20 石川 ]
[01/19 いらくさ]
[11/23 石川 初子]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター