目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
   賞受くる羽生結弦が颯爽と仙台平のはかま着こなす
                            北九州市  白木 典子

ここ2・3年、リンクで見る羽生結弦選手の、文字通り水際立った姿に元気をもらってきたが、先日の和服姿には更に新しい勇気をもらった。実にさわやかで 身についていました。 さすがに女性の眼(め)はそれをのがさず、 すがすがしい一首の形で、その印象をとらえ得ています。                    【 岡野 弘彦 選 】


      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

  鉄棒に逆上がり好きな少女なりき 97歳 カートに歩く
                            四街道市  出浦 章子

子供のころはおてんばだった。鉄棒が得意で、くるくる逆上がりするのが好きだった。いま97歳になって、器具の助けによって歩く。四句に前後一字あけして出現する「97歳」の数字に言い知れぬ迫力と重みがあり、読む者をはっとさせる。生きるとはこういうことなのである。                        【 小池  光 選 】

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
   四度目の元号迎へんと来し方に想い馳せつつ残星を見る
                            生駒市  岩本 喜代

2019年5月1日から新元号が始まる。平成の30年余りを振り返り、新しい時代への展望を詠む歌が多かった中で、この歌は大正生まれの作者が4度目の元号を迎える感慨を詠んでいるところに重みがある。残星は、夜明けの空に残って光る星。朝空を仰ぐ作者の姿に清らかな力を感じた。        【栗本 京子 選 】
 
  
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  この夏のお試しですと渡されたような四月の夏日楽しむ
                            平塚市  小林 真希子

異常な気候の多かった一年だが、こんなふうに前向きに受けとめる方法がある。歌のうまさに加え、読む者をポジティブな気持ちにさせてくれるところが魅力。「お試し」がいい。長くは続かないし、心の準備にもなる。小林さんは年間を通じ、季節の推移や自然を、現代的で新鮮な切り口で詠んでくれた。      【 俵  万智 選 】


   卓袱台の小さき聖菓燦(さん)として   小平市  七木田 清助

茶の間の卓袱台(ちゃぶだい)の上に小さなクリスマスケーキを置いて、聖夜を過ごしている。昭和のクリスマスの回想かもしれないが、この空間に聖なるものが宿っているのを感じる。                           
【 小澤  實 選 】


梟のさみしさで泣く赤ん坊   千葉市  椿  良松

赤ん坊は喋(しゃべ)るかわりに泣く。なにがあったのか、この夜、この赤ん坊は淋(さび)しかったのだ。同じようによる鳴く梟(ふくろう)が寄り添ってくれる。
                                   【 宇多 喜代子 選 】


   元従軍看護婦からの賀状かな   東久留米市  飯山 徳次郎

厳しい戦場からのように今年も届いた一枚の賀状。「…へ書く年賀状」の投句もあったから、年賀を交わしているのだろう。忘れがたい一抹の灯火(ともしび)のような思い出。                              【 矢島 渚男 選 】


  幸せはもう望めぬと思ふわれの朝の湯飲みに茶柱が立つ
                            仙台市  阿多 真也

「人を殺(あや)めた反省を深める中で、短歌を詠み、日々の些事(さじ)にも心を留めるようになって、幸せは求めるものではなく気づくものだと思い至った」と受刑中の作者は言う。                            【 岡野 弘彦 選 】


カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[01/17 スーパーコピーブランド時計偽物N級品専門店]
[01/04 佐藤学]
[10/13 kaikoma]
[09/09 葦原 設二]
[06/16 菅邸の意向]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター