目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
   片羽燃えて這いあるきけり夏の虫   蘭更 ( らんこう )

夏の夜、明かりに集まってくる虫は うるさいものだ。 とはいえ 照明が電気ではなく蝋燭(ろうそく)や灯明の炎であった時代は、虫も命がけだった。 この句、思い切り火中に飛びこんで羽を焼かれてしまった蛾(が)だろう。彼らを火蛾(かが)とも火取り虫とも呼ぶ。           【 '14.07.19 四季 ・ 長谷川 櫂 選 】
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   鵜のつらに篝(かがり)こぼれて憐也   荷兮 ( か けい )

句の前書に「岐阜にて」とあるとおり、長良川の鵜飼(うかい)の句である。鵜匠の捌(さば)く綱に操られながら泳ぎまわる鵜の顔に、篝の火の粉が飛び散る。
「憐也(あわれなり)」とは健気(けなげ)なことだという思いと美しいなあという感嘆が入り混じる。荷兮は名古屋の人。  【 '14.06.23 四季 ・ 長谷川 櫂 選 】

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   火を浴びし翅うつくしや虫篝   戸恒 東人 ( とつね はるひと )

すでに息絶えたのだろうか。それとも翅(はね)を焼かれて暗がりでひっそりと息づいているところだろうか。 おそらくは蛾(が)。 果樹園などで 夜、火を焚(た)いて害虫をおびき寄せ、炎で焼き殺す。 これが虫篝(むしかがり)である。 美しくも虫たちには非常な仕掛け。             【 '14.05.29 四季 ・ 長谷川 櫂 選 】 

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   凍蝶(いてちょう)も焚いてしまつたかも知れぬ   仙田 洋子

落ち葉を焚きながら思ったものだ。その中に凍えた蝶がまぎれていたかもしれない。翅をたたみ、もはや飛ぶこともない。かといって命がないわけではない。魂だけが飛び立ってゆくのをじっと待っている、ひとひらの落ち葉のような冬の蝶。
                      【 '08.12.01 四季 ・ 長谷川 櫂 選 】


   片羽燃えて這いあるきけり夏の虫   蘭更 ( らんこう )

夏の夜、明かりに集まってくる虫は うるさいものだ。 とはいえ 照明が電気ではなく蝋燭(ろうそく)や灯明の炎であった時代は、虫も命がけだった。 この句、思い切り火中に飛びこんで羽を焼かれてしまった蛾(が)だろう。彼らを火蛾(かが)とも火取り虫とも呼ぶ。             【 '14.07.19 四季 ・ 長谷川 櫂 選 】


   父とゐて母が加はるところてん   米子市  杉原 徹勇

父といたところへ母が加わる。なんの不思議もない景だが、それだけで妙に完結した座の景になる。心太(ところてん)の誘う世界だ。        【 宇多 喜代子 選 】


   炎天やもろもろのもの小さくなる   千葉市  小林  昭

あたりが白っぽく見えるような炎天下。音も遠くなり、あたりのものがみな遠く見える。そんな炎天の眩暈(めまい)がとらえられている。        【 宇多 喜代子 選 】


   青きトマトに雨粒のきらめけり   名古屋市  大島 知津

畑のトマトがいつか大きくなっている。 ただ、まだ青い。 食べもの以前の青いトマトについている雨滴のきらめきに息を呑んでいる。           【 小澤  實 選 】


カレンダー
06 2014/07 08
S M T W T F S
2 4
6 7 9 11 12
13 15 16 18
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[09/06 Master]
[08/29 錯覚寺の麻婆老師]
[05/07 Dann]
[09/16 WGH RC]
[07/31 。土井]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター