目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
      途切れずに私のゐる桜かな   松戸市  おがはまなぶ

生まれてこのかた刻々と途切れずに継続している私。一瞬一瞬湧き出ている花と私の命。命とは何。時間とは何。そんな不思議に思いを誘われるのも花の頃。
                                    【 正木 ゆう子 選 】


      おぼろ夜や今に生きれば迷ひなし   東京都  神通 芙美代

過去を悔やまず、未来を思い煩わず、今だけに意識を置けば、悩みは減ること間違いなし。時代の節目のせいか、人生を思う投句が多い。 【 正木 ゆう子 選 】


       野に尿(ゆま)る児(こ)に春日傘かざす母   一宮市  渡辺 邦晴

野原に出て、おしっこをしているこどもに母が春日傘をかざしている。男児とも女児とも読めるが、女児と読んだ方が、陰影が生まれるか。野の光が改めてうつくしい。
                                       【 小澤  實 選 】


       島あげて祝ふ一人の一年生   神戸市  末永 拓男

それほど大きくない島のただ一人の一年生の入学を祝っているのだ。島民全員が家族のよう。小さな小学校は島内にあるのだろう。       【 小澤  實 選 】


      常識を疑え孫が入学す   高槻市  東谷 直司

学問の核心は疑うことに始まる。本当だろうか、という心を養うことが覚えることよりも大切。 疑うことで事物の真実に迫れ、と教える祖父。 入学先が中学か高校かなどわかれば、もっとよい。                      【 矢島 渚男 選 】


カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 14 15 16 17 18
19 22 23 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[02/01 ?]
[01/04 佐藤学]
[10/13 kaikoma]
[09/09 葦原 設二]
[06/16 菅邸の意向]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター