目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
   天と地を丸めて月見団子かな   東京都  山内 健治

ずいぶん壮大な丸めようである。しかし月見団子ならそれもいいではないか。月も神様が丸めた大きなお団子のように思われて。【正木 ゆう子 選】


   鳥も人も去るものは去り秋深き   喜多方市  五十嵐 信弘

定住者の居直った覚悟のようなものが感じられる。 飯田龍太に 「去るものは去りまた充(み)ちて秋の空」 があるが、少し趣が違う。       【 矢島 渚男 選 】


   鰯雲透かして空の青さかな   大和郡山市  宮本陶生

空いっぱいに広がる鰯雲 (いわしぐも)。 鱗(うろこ)状につながる合間から秋空の青が見える。大空の雲と空の重層がおおきな景をますます大きくしている。
                                   【 宇多 喜代子 選 】


   金木犀日和を四方八方へ   草加市  白瀬 信雄

「金木犀(きんもくせい)日和」と、句跨りにして読む。菊日和、石蕗(つわ)日和などにはない金木犀の香りが、あたりに漂う世界を広げる。秋も佳境というよい日和。
                                   【 宇多 喜代子 選 】


  お月さまが患うておらるると祈りゐし祖母を思へりこよひ皆既月食
                    富山県  松田 敦子

日本でも古来、日月の食は凶事の兆(きざ)しと信じられてきた。敬虔(けいけん)な祖母の言葉を思い出して月食の空を仰ぐ作者の心には、人類の伝統心理の流れているのが感じられる。                     【 岡野 弘彦 選 】


カレンダー
10 2014/11 12
S M T W T F S
2 4 5 7 8
9 10 12 14 15
16 18 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
[09/06 Master]
[08/29 錯覚寺の麻婆老師]
[05/07 Dann]
[09/16 WGH RC]
[07/31 。土井]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター