目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
   初恋は浅瀬の小石夕蛍   朝倉市  安陪 良一

浅瀬の小石のような恋、という比喩が愛らしい。はるか昔を振り返ってこその比喩だろう。当時は当時で、大恋愛のつもりだったかも。       【 正木 ゆう子 選 】


  はじめてのデイサービスに出でし母もち帰りたる社会のかおり
                            千曲市  米沢 光人

デイサービスを利用するようになって母の世界が広がった。 結句でやや大げさに「社会のかおり」と表したところに、一歩を踏み出した母への励ましが感じられる。
                                     【 栗木 京子 選 】


  一斉に白く咲きてはまちまちに紅く色変ふ箱根空木
                            生駒市  山村  修

箱根空木(うつぎ)の花は白から紅へと変化してゆき、 白と紅の花が混じり合って咲くところが美しい。丁寧な描写の光る歌である。        【 栗木 京子 選 】


   風折れのほか葱坊主丈そろふ   東京都  望月 清彦

葱坊主(ねぎぼうず)は葱の花のこと。だいたい丈は同じであるが、不運なことに、風で折れてしまっているものもところどころにあるというわけだ。風の強い地の葱畑をしかと捉えた。                             【 小澤  實 選 】


  差しし傘ぶつかりつつも手を繋ぐ いちねんせいの女子ふたり組
                             八王子市  古谷 順子

朝の通学風景。いつも通る仲良しふたり。雨のときでも傘がぶつかりあいながら手をつないでいる。こころ温まる風景とはこういうものだろう。よく観察している。
                                     【 小池  光 選 】


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 6 7 8 9 10
11 12 14 15 16 17
18 20 21 22 23 24
25 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/16 菅邸の意向]
[12/18 kaikoma]
[11/11 macchi]
[05/01 ?]
[03/20 石川 ]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター