目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
   木蓮の下で話題の変りけり   多摩市 高野 伸二   

 立ち話、あるいは通りがかりか。 たまたま木蓮(もくれん)の下で話題が変わった。それがまるで木蓮のせいであるように作られているのが面白い。木蓮の存在感を思えば、頷(うなず)ける。                       【 正木 ゆう子 選 】


    馬鈴薯の多数の花に願い事   帯広市  吉森 美信

星に願うのではなく、菫(すみれ)でも桜でもなく、馬鈴薯(ばれいしょ)の花に願うとは逞(たくま)しい。北海道の一望の馬鈴薯畑なら、力強く願いが叶いそうだ。
                                    【 正木 ゆう子 選 】


   やみくもにがうなはがうな越えきたる   東京都  望月 清彦

やどかりを飼っているが、すべてが活動的なのではない。中の一匹だけが元気で、他のやどかりの上を乗り越えてくる。やみくもは進路の定まらぬさまも感じさせている。                                 【 小澤  實 選 】
        
    【注】 がうな : 春の季語である「寄居虫(ごうな:ヤドカリの意)」の古名。 


  書を読めり忘れし文字をみつめつつ雨垂れ石を穿つごと読む
                            奈良県  杉本 節子

これも思い深いよい歌だ。90を過ぎた私も、時にこの文字は何と読むのだったかと思う。下の句に思いがこもっている。                【 岡野 弘彦 選 】


  丸くなり四角に入り三角となって消え行く宅配のピザ 
                       東京都  武藤 義哉

上の句の言葉遊びが、楽しい。 結句の答えが「なあんだ」では、つまらないが、この結句なら 「なるほど!」である。                  【 俵  万智 選 】


カレンダー
02 2015/03 04
S M T W T F S
4 6 7
8 10 11 13 14
17 18 20 21
22 24 25 26 27 28
30 31
ブログ内検索
最新コメント
[03/15 いらくさ]
[01/22 りんご]
[11/27 市橋利治]
[09/06 Master]
[08/29 錯覚寺の麻婆老師]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター