目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
窓を拭く窓の空拭く春立つ日   吹田市  山崎 隆子

窓のガラスを拭いたあと、くもりが消え空がすっきりと見え始める。ガラスの透明と空気の透明が一つになる。立春の日なればこその句である。 【 宇多 喜代子 選 】


   一羽たりとも白鳥の振り向かず   東京都  望月 清彦

白鳥は冬の季語だが、これも北へ帰る春の白鳥を思って読みたい。飛び立って、方向を定めた鳥は、前だけを見て飛ぶ。その直向(ひたむ)きさ。
                                   【 正木 ゆう子 選 】


   女の子同士のバレンタインデー   東京都  松永 京子

親しい女の子同士で、小さな菓子でも贈り合っているのか、こういうバレンタインもいい。あたらしいかるみを感じる一句。                
【 小澤  實 選 】


   見つめてたものは雪ではないけれど   守口市  小杉 なんきん

こういう曖昧さの残る句には、解釈する楽しさがある。作者が実際に見つめていたものは雪でなければ何なのか。私は恋の句と解釈したが。  【 正木 ゆう子 選 】


少しづつ春あっちでもこっちでも   たつの市  西脇 祐則

子供のような表現だが、本当にその通りと思わせる素朴さがいい。少しずつ進んだり、戻ったりしながら待ち遠しい春はやってくる。 あそこでは梅が咲いた。 こっちではもう桃の蕾(つぼみ)がふくらんでいる。              【 矢島 渚男 選 】


カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
2
3 4 6 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 19 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[02/01 ?]
[01/04 佐藤学]
[10/13 kaikoma]
[09/09 葦原 設二]
[06/16 菅邸の意向]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター