目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
17.12.13
たばこ増税   最後は頼りにされる   ― 愛煙家   (東京・和辛子)

三代同時襲名人気   高麗屋にあやかりたい   ― 世襲議員   (ゴカ坊)

17.12.12
無人島   宝島だった   ― 木造船   (新潟・天女)

リニアで不正入札   突っ走ってしまった・・・   ― 大林組   (ボウフラ)

17.12.11
 新聞休刊日です。

17.12.10
染之助さん死去  涙雨を受けとめている  ― 傘  (茨城・アマガイ)

都議会 公用車削減  お待ちしてます  ― 410円タクシー (鶯パンダ)

17.12.09
V字回復   シャープでした   ― 東証1部   (千葉・猫猫山)

「学び直し」推進に5000億円 
  「政治家」に一部投入を!   ― 国民   (めで鯛)
 
17.12.08
ロシア疑惑  五輪にもあるのか  ― トランプ大統領  (埼玉・ひろっきぃ)

最高裁判決   最強の印籠!   ― NHK   (不謹慎)

                                          
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
【 11月のUSO放送 】 月間賞は、富山県、無職 清水輝昭 さん(74) の
「 米大統領 」 に決まりました。賞金1万円と記念楯を贈ります。
                                                      ( ’17.12.05 朝刊 )  

  米大統領   国賓以上俺以下   ― 習主席   (富山・ミフィ)                                                 

        
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    
 【 USO放送・投稿規定 】
 ■1回の投稿に1作品  ■未発表に限り、二重投稿はお断りします。
 ■住所、氏名、ペンネーム、年令、職業、電話番号を明記。
 ■掲載分に薄謝進呈、 作品は本社メディアで公開することがあります。
 ■〒103-8601 
   日本橋郵便局留、読売新聞東京本社 USO放送係
 ■ファクス 03-3217-8229 ■メール tousho
@yomiuri.com

 【 放送塔・投稿規定 】
 ■番組に関する感想や意見を約200字で。
 ■番組名・放送日、住所、氏名、年令、職業、電話番号を明記。
   匿名、筆名、二重投稿、封書は不可。掲載分には薄謝を贈呈。
 ■はがきは、〒104-8253 
   読売新聞東京本社文化部「放送塔」係 
 ■ファクス 03-3217-8292 ■メール hosoto
@yomiuri.com

 【 読売歌壇・俳壇 投稿規定 】
 ■はがき1枚に1作品。住所、氏名(ふりがな)電話番号を明記。
   既発表作や二重投稿は厳禁です。
 ■〒103-8601  
    郵便(株)日本橋支店留、 
     読売歌(俳)壇、○○先生(希望選者名)係
 ■メール t-bunka@yomiuri.com


   水圧に耐え鮟鱇の貌となる   枚方市  加藤  賢

鮟鱇(あんこう)のつぶれた平たい風貌は、海底の大きな水圧に耐えてきた結果であるというのだ。進化してきた道まで望んだ、深い描写である。  【 小澤  實 選 】


  月光を胸深く吸いて気づいたり青の字になぜ月があるかを
                             酒田市  村上 秀夫

月光を心ゆくまで味わった感覚。それを一言で表すなら「青」を感じたということだろう。伝えにくい主観が、漢字というアイテムを通して、うまく表現されている。
                                     【 俵  万智 選 】


    そで口に北風こぞう入りこむ
        福岡県 福岡海星女子学院付属小学校5年  高塚 愛心

着こんでいても、そでから冷たい北風(きたかぜ)が入ってくることがあります。「北風入りこむ」ではなく、「北風こぞう入りこむ」としたのがポイント。「ふふふ。ここにスキがあるぞ」といたずらっぽく笑(わら)うこぞうの顔まで見えてくるようです。
                 【 ’17.12.09 KODOMO俳句 高柳 克弘 選 】


   神の留守これつてやばくないですか   大阪市  大塚 俊雄

あまりの口語に素通りしかけたが、確かにヤバイかもと再読した。神の留守は季語だけれど、この句は季語の域を越えて、本気で時代を憂えているように読める。
                                    【 正木 ゆう子 選 】


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 5 6 7 8
10 11 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[09/09 葦原 設二]
[06/16 菅邸の意向]
[12/18 kaikoma]
[11/11 macchi]
[05/01 ?]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター