目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
18.08.17
マジック点灯   総裁選じゃないのか   ― 安陪陣営   (東京・ゴカ坊)

尾畠さんへ  次は脱走犯を見つけて欲しい  ― 富田林警察署  (人情娘)

18.08.16
解禁   産声を上げた   ― 乳児用液体ミルク   (徳島・阿波尾鶏)

QBハウス値上げ   カットできなくなった   ― コスト   (ナナハン)

18,08.15
夏の風物詩   「一市」乱れた   ― 阿波おどり   (東京・下町人)

各地で落雷   少ない雷おやじにかわって   ― カミナリ   (プラチナ)

18.08.14
売れすぎて販売休止
  フリーズしました   ― 氷菓製造会社   (埼玉・すみだ川)

冷や飯   私のおごりです   ― 安倍首相   (三毛乱治郎)

18.08.13
 新聞休刊日
 
18.08.12 
パワハラ   応援してません   ― 日大チア部   (群馬・ぽこぽこ)

説明責任果たさず   辞任に口なし   ― 新・ことわざ辞典   (ボウフラ) 

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       
【7月のUSO放送】 月間賞は埼玉県、会社員 田中 誠治 さん(71) の
「 人口増 」 に決まりました。賞金1万円と記念楯を贈ります。
                                                      ( ’18.08.07朝刊 )  

 人口増   1都3県と参院でした   ― 総務相   (埼玉・カラヤン)                                            

        
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    
 【 USO放送・投稿規定 】
 ■1回の投稿に1作品  ■未発表に限り、二重投稿はお断りします。
 ■住所、氏名、ペンネーム、年令、職業、電話番号を明記。
 ■掲載分に薄謝進呈、 作品は本社メディアで公開することがあります。
 ■〒103-8601 
   日本橋郵便局留、読売新聞東京本社 USO放送係
 ■ファクス 03-3217-8229 ■メール tousho
@yomiuri.com

 【 放送塔・投稿規定 】
 ■番組に関する感想や意見を約200字で。
 ■番組名・放送日、住所、氏名、年令、職業、電話番号を明記。
   匿名、筆名、二重投稿、封書は不可。掲載分には薄謝を贈呈。
 ■はがきは、〒104-8253 
   読売新聞東京本社文化部「放送塔」係 
 ■ファクス 03-3217-8292 ■メール hosoto
@yomiuri.com

 【 読売歌壇・俳壇 投稿規定 】
 ■はがき1枚に1作品。住所、氏名(ふりがな)電話番号を明記。
   既発表作や二重投稿は厳禁です。
 ■〒103-8601  
    郵便(株)日本橋支店留、 
     読売歌(俳)壇、○○先生(希望選者名)係
 ■メール t-bunka@yomiuri.com


18.08.17
マジック点灯   総裁選じゃないのか   ― 安陪陣営   (東京・ゴカ坊)

尾畠さんへ  次は脱走犯を見つけて欲しい  ― 富田林警察署 (人情娘) ◎

18.08.11
石の上にも3年   2年までです   ― 東京医科大   (山形・粘菌)
 
18.08.09
サマータイム検討   シエスタも   ― 労働者   (千葉・高月美舞)


18.08.08
加点の次は減点   そして汚点が残った   ― 東京医大   (ボウフラ)

18.08.07
汚名   ハネ返した   ― 桃田賢斗   (栃木・なむちゃん)

18.08.04
甲子園始球式の依頼
  敬遠はしませんでした   ― 松井秀喜   (千葉・たこすけ)


   麦秋の真中に母を置いてきた   大垣市  七種 年男

一面の麦秋。その真ん中にお母さんがいる。かつての母との作業の景がいま麦秋の中に幻のようにみえてきた。「置いてきた」に曰(いわ)く言い難い母へのおもいが通う。                               【 宇多 喜代子 選 】


   曲りても突当りても炎天下   久喜市  深沢 ふさ江

炎天の一本道の暑さはもちろんだけれど、という前置きが省略されている。この人は道に迷っているのかも。一本道よりもっと暑そう。      【 正木 ゆう子 選 】


  真夏日が急に来るからサンダルの似合わぬ足があわてる六月 
                                燕 市  田巻 由美子 


素足にサンダルを履くためには、ペディキュア をしたり毛の処理をしたり、準備が必要だ。6月が、いかにも油断しそうな季節として効いている。 自分ではなく「足が」慌てるとしたユーモアも魅力だ。                  【 俵  万智 選 】


カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[09/09 葦原 設二]
[06/16 菅邸の意向]
[12/18 kaikoma]
[11/11 macchi]
[05/01 ?]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター