目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
17.04.29
北方領土返還問題  経済に変換?  ― 日露交渉  (富山・白雪姫)

マスコミ批判  一行一行にかけていますので!  ― 報道者
         二階どの                     (桑実)

17.04.28
ゴールデンウィーク  忘れられそう  ― プレ金  (神奈川・なごみ)

新語   大器早成!   ― 藤井聡太4段   (金矢倉)

17.04.27
復興相「更迭」   本人の責任です   ― 被災者   (福島・あぶ急)

新会派   民進離党クラブ   ― 都議会   (ゴカ坊)

17.04.26
羽生3冠破る   対戦が楽しみ   ― AI
          藤井4段どの        (新潟・酔狂)          ◎

談合調整   缶詰でした   ― 製缶業者   (練馬大根)

17.04.25
中国空母増強   空母より空でしょ   ― 北京市民   (東京・面単貧)

不正節税 
 白日の下にさらされるとは思わなかった・・・  ― 太陽光ファンド  (呆射線)

                                                                                
                                                                                                                       
        
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
【 3月のUSO放送 】 月間賞は、熊本県、無職 森山 樹 さん(74) の
「 覚えた日本語」に決まりました。賞金1万円と記念楯を贈ります。
                                                     ( ’17.04.04 朝刊 )  

  覚えた日本語  忖度(そんたく)  ― 庶民  (熊本・チャッピー)                                               

       
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    
 【 USO放送・投稿規定 】
 ■1回の投稿に1作品  ■未発表に限り、二重投稿はお断りします。
 ■住所、氏名、ペンネーム、年令、職業、電話番号を明記。
 ■掲載分に薄謝進呈、 作品は本社メディアで公開することがあります。
 ■〒103-8601 
   日本橋郵便局留、読売新聞東京本社 USO放送係
 ■ファクス 03-3217-8229 ■メール tousho
@yomiuri.com

 【 放送塔・投稿規定 】
 ■番組に関する感想や意見を約200字で。
 ■番組名・放送日、住所、氏名、年令、職業、電話番号を明記。
   匿名、筆名、二重投稿、封書は不可。掲載分には薄謝を贈呈。
 ■はがきは、〒104-8253 
   読売新聞東京本社文化部「放送塔」係 
 ■ファクス 03-3217-8292 ■メール hosoto
@yomiuri.com

 【 読売歌壇・俳壇 投稿規定 】
 ■はがき1枚に1作品。住所、氏名(ふりがな)電話番号を明記。
   既発表作や二重投稿は厳禁です。
 ■〒103-8601  
    郵便(株)日本橋支店留、 
     読売歌(俳)壇、○○先生(希望選者名)係
 ■メール t-bunka@yomiuri.com


    猫の恋耳の千切れた奴が来る   川崎市  多田  敬

猫の恋も簡単に成就することはない。雌(めす)を争って戦い、耳までちぎれてしまった猛者の雄が登場した。猫の世界も波乱が起りそうだ。  【 小澤  實 選 】


   たんぽぽの絮よ壊されそうな星よ   神奈川県  中島 さやか

たんぽぽの円い絮毛(わたげ)が今にも壊れそう。この地球という星も愚かな人間たちの争いによって壊されそう。そんな感慨の句であろう。     【 矢島 渚男 選 】 


   絵は我にあらず踏めよと神の声   八王子市  永  松雄

踏絵を踏むキリスト教徒の内面を描いた。絵は自分ではない、踏みなさいと神の声が響いている。江戸時代、踏絵は春先におこなわれた。   【 小澤  實 選 】


      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 何年か前に、初めて「千の風になって」を聴いた時のような衝撃を受けました。 


   寒戻る別れを告げに来しごとく   土浦市  今泉 準一

冴(さえ)返るというには余りに寒くて、まるで冬が再び戻ってきたのかと思うほどだ。きっと最後の別れを告げに来たのかもしれない。        【 矢島 渚男 選 】 


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
2 4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
30
ブログ内検索
最新コメント
[12/18 kaikoma]
[11/11 macchi]
[05/01 ?]
[03/20 石川 ]
[01/19 いらくさ]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター