目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
17.03.24
第三者卵子で出産  こっちは難産かも  ― 法整備  (徳島・阿波尾鶏)

証人喚問  国会への爆弾持ち込み不可  ― 政府、自民党  (ゴカ坊)

17.03.23
籠池劇場   ライバル!   ― 小池劇場   (東京・不謹慎)

日本一早い開花宣言  花見も都民ファースト  ― 小池都知事  (プラチナ)

17.03.22
「覚えていない」   そうだよな   ― 高齢者
           石原元都知事どの       (新潟・酔狂)

女性正会員を容認  風を読んだ  ― 霞が関CC  (三毛乱治郎)

                                                               
                                                                                                                       
        
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
【 2月のUSO放送 】 月間賞は、群馬県、無職 板垣宏さん(60) の
「 招致活動」に決まりました。賞金1万円と記念楯を贈ります。
                                                     ( ’17.03.03 朝刊 )  

  招致活動  される側になった  ― 石原元都知事  (群馬・風まかせ)                                                

       
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    
 【 USO放送・投稿規定 】
 ■1回の投稿に1作品  ■未発表に限り、二重投稿はお断りします。
 ■住所、氏名、ペンネーム、年令、職業、電話番号を明記。
 ■掲載分に薄謝進呈、 作品は本社メディアで公開することがあります。
 ■〒103-8601 
   日本橋郵便局留、読売新聞東京本社 USO放送係
 ■ファクス 03-3217-8229 ■メール tousho
@yomiuri.com

 【 放送塔・投稿規定 】
 ■番組に関する感想や意見を約200字で。
 ■番組名・放送日、住所、氏名、年令、職業、電話番号を明記。
   匿名、筆名、二重投稿、封書は不可。掲載分には薄謝を贈呈。
 ■はがきは、〒104-8253 
   読売新聞東京本社文化部「放送塔」係 
 ■ファクス 03-3217-8292 ■メール hosoto
@yomiuri.com

 【 読売歌壇・俳壇 投稿規定 】
 ■はがき1枚に1作品。住所、氏名(ふりがな)電話番号を明記。
   既発表作や二重投稿は厳禁です。
 ■〒103-8601  
    郵便(株)日本橋支店留、 
     読売歌(俳)壇、○○先生(希望選者名)係
 ■メール t-bunka@yomiuri.com


   春待つや退屈さうな河馬の口   松山市  三木 桂子

狭い獣舎で飼育されている河馬(かば)。のそりのそりと動き、ときに大あくびをする。その様子が人の目には「退屈」とうつる。春はそこまで来ている。
                                  【 宇多 喜代子 選 】


   翡翠の父を捨てても母の恋   市川市  吉住 威典

母が父を捨てて恋に走るとは不穏だが、「父の恋翡翠(かわせみ)飛んで母の恋  仙田 洋子」 の本歌取りだろう。 共通の言葉を使いながら、 内容は対照的。  巧みな虚構の恋句である。                    【 正木 ゆう子 選 】


  力入れて開くのでなく閉じている力ゆるめて花は咲くのさ
                            交野市  遠藤  昭

歌謡曲の一節 のような歌い方が、内容と合っている。肩の力を抜いてこそ、花咲くとは、人生訓のようでもある。                    【 俵  万智 選 】


【 岡野 弘彦 選 】
  最上川に夕日あまねくさざ波はとどこほるなし茂吉おもへり
                            村山市  飯田 正義
今回の3首は、作者の原作を記します。「最上川に夕日届きてさざ波のとどこほるなし茂吉先生顕(た)つ」。添削した形と比べてください。これで茂吉先生もご満足のはず。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  雪ふかき山吹き越ゆる北風にほろほろと散る庭の山茶花
                            高槻市  佐々木 文子

原作は「 雪積もる山越えてくる北風にほろほろ山茶花重なりて冷ゆ 」。 北側に山地を持つ地形から吹きおろす北風に散る山茶花(さざんか)の感じが、すっきりと自然に伝わります。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  稀勢の里がこぼす涙は美しき熱きもの胸にあふれきにけり
                            橋本市  宮本 好美

原作は「 稀勢の里の無垢の涙の美しく熱きもの胸にあふれてやまず 」。 三句できっぱり切って、自他の感動が際立ちます。 


カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[12/18 kaikoma]
[11/11 macchi]
[05/01 ?]
[03/20 石川 ]
[01/19 いらくさ]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター