目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
18.06.20
再雇用制度導入
  社員も相互乗り入れとした   ― 大手鉄道会社   (埼玉・時計)

ルマンV車市販へ   ロマンもあります   ― トヨタ   (ナナハン)

18.06.19
2500万人送りつけ   観光客ですか   ― シンゾウ
              トランプどの          (埼玉・紀佐衛門)

試金石   ベスト16   ― AKB総選挙
                ― 西野ジャパン   (下町人)

18.06.18
民泊に追加規制  セジョウがカギです  ― 各自治体  (東京・ハチ公)

相談役・顧問60人から9人へ 
  相談した結果です   ― トヨタ自動車   (爺G7)
 
18.06.17
副業国家公務員容認へ
  政治家でもやるか   ― 国家公務員   (静岡・ワンワン)

TDS拡張   リバイバルヒットへ   ― アナ雪  
                      ― ピーター・パン   (下町人)

18.06.16
W杯開幕   応援団長になりたい   ― 秋田犬   (茨城・いち坊)

18歳成人   大人げない人増えそう   ― 子供   (面単貧)
                                         
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     
  
【5月のUSO放送】 月間賞は神奈川県、公務員 山田英樹さん(58) の
「 ため息 」 に決まりました。賞金1万円と記念楯を贈ります。
                                                      ( ’18.06.06朝刊 )  

 ため息   今年は早かった   ― ハルキスト   (神奈川・諭吉)                                            

        
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    
 【 USO放送・投稿規定 】
 ■1回の投稿に1作品  ■未発表に限り、二重投稿はお断りします。
 ■住所、氏名、ペンネーム、年令、職業、電話番号を明記。
 ■掲載分に薄謝進呈、 作品は本社メディアで公開することがあります。
 ■〒103-8601 
   日本橋郵便局留、読売新聞東京本社 USO放送係
 ■ファクス 03-3217-8229 ■メール tousho
@yomiuri.com

 【 放送塔・投稿規定 】
 ■番組に関する感想や意見を約200字で。
 ■番組名・放送日、住所、氏名、年令、職業、電話番号を明記。
   匿名、筆名、二重投稿、封書は不可。掲載分には薄謝を贈呈。
 ■はがきは、〒104-8253 
   読売新聞東京本社文化部「放送塔」係 
 ■ファクス 03-3217-8292 ■メール hosoto
@yomiuri.com

 【 読売歌壇・俳壇 投稿規定 】
 ■はがき1枚に1作品。住所、氏名(ふりがな)電話番号を明記。
   既発表作や二重投稿は厳禁です。
 ■〒103-8601  
    郵便(株)日本橋支店留、 
     読売歌(俳)壇、○○先生(希望選者名)係
 ■メール t-bunka@yomiuri.com


  " 心 " と書きていずれの画も交わらぬしずかなりけりあるべきこころ
                       道淵 悦子 ( みちぶち えつこ )

心という漢字、四つの画が互いに交わることもなければ、触れ合うことさえない。それぞれの画が静かな「間」を置いて佇んでいる。 石庭の砂の上に置かれた四つの石のように。 もともとは心臓を表す。 歌集『空のようなもの』から。
                      【 '18.06.19 四季 ・ 長谷川 櫂 選 】


   転寝(まろびね)の瞼を徹(と)ふす若葉かな   五明 ( ごめい )

瞼(まぶた)を閉じても新緑の光が感じられる。五明らしい感覚の冴(さ)えの利いた一句である。 俳句にとって五感の冴えは大事である。 しかし もっと大事なのは直感の冴えだろう。 五明は江戸中期、秋田の商人、蕪村の同時代人。『五明句藻』から。              【 '18.06.15 四季 ・ 長谷川 櫂 選 】


   巣を出よと何度も諭す親鴉   羽生市  五月女 文子

黒いカラスは嫌われ者だが、鳥類の中では頭が良く、愛情の深い鳥だ。その鴉が言い含めるように巣立ちを促しているという。人間の親は子を諭さなくなったのに。
                                    【 矢島 渚男 選 】


   まだ続く二人の沈黙や桐の花   千葉市 中村 重雄

さて、この二人はどういう「二人」なのだろう。熱愛中の恋人同士か。老夫婦の夫婦喧嘩(げんか)か。同級生か。そこを想像することで句意がいかようにもふくらむ。
                                  【 宇多 喜代子 選 】


カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
2
3 5 6 8 9
10 11 13 14 16
17 18 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[09/09 葦原 設二]
[06/16 菅邸の意向]
[12/18 kaikoma]
[11/11 macchi]
[05/01 ?]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター