目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[767]  [762]  [761]  [763]  [764]  [765]  [760]  [755]  [758]  [756]  [757
 推敲を楽しむ  正木 ゆう子

推敲(すいこう)の第一歩は、出来た句を声に出して読むことである。

紫陽花(あじさい)はまだ薄緑なり肘枕

見ただけではわからなくても、声に出せばすぐに中七の二音の字余りに気付くはず。実はこんな単純な字余り・字足らずが投句にはとても多いのだ。

紫陽花はまだ薄緑肘枕

これでリズムが整った。肘枕をしながら庭の紫陽花を眺めている気持ち良さが伝わる。しかしこれからが推敲の楽しみ。すこしでも良くするために目を凝らすと、「薄緑肘枕」と漢字が続くのがうるさい印象。そこで、

紫陽花はまだ薄みどり肘枕

これで十分だが、さらに倒置も試すだけ試してみようか。

肘まくら紫陽花はまだ薄緑

さらに悪戯(いたずら)心を起こして、肘枕を膝枕にしてみたり。

膝枕あじさゐはまだ薄緑

そうすると恋の句になる。どの段階の句に決めるかはお好みしだい。
推敲はこんなふうに楽しい。
 


Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[09/09 葦原 設二]
[06/16 菅邸の意向]
[12/18 kaikoma]
[11/11 macchi]
[05/01 ?]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター