目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[2951]  [2950]  [2953]  [2952]  [2947]  [2946]  [2945]  [2944]  [2939]  [2942]  [2941
    蝉時雨、花火大会、甲子園、遠くの音を聴くだけの夏
                              狭山市  えんどうけいこ

上の句、賑(にぎ)やかで華やかな 夏の風物詩かと思いきや、 明かされる三つの共通点に、はっとさせられる。「聴く」という漢字からは、耳を澄ませ、想像をしていることが伝わってくる。 手ざわりの希薄な夏の寂しさ。        【 俵  万智 選 】


Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 5 6 7 8 9
10 11 13 14 15 16
17 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[10/30 読売読者]
[09/06 榎丸 文弘]
[02/01 ?]
[01/04 佐藤学]
[10/13 kaikoma]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター