目についた記事を、その時々に書き込むつもりです。
[2695]  [2694]  [2693]  [2692]  [2691]  [2690]  [2689]  [2688]  [2687]  [2686]  [2685
   括り罠鹿は懸命に生きた   桐生市  登坂 聖子

リズムが硬いが、こう詠むことで作者は鹿の哀れさに寄り添ったのだろう。罠(わな)にも事情があるけれど、実際に見れば平静でいられない。  【 正木 ゆう子 選 】


Comment 
Name 
Title 
Mail 
URL 
Comment 
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[09/09 葦原 設二]
[06/16 菅邸の意向]
[12/18 kaikoma]
[11/11 macchi]
[05/01 ?]
最新トラックバック
バーコード
フリーエリア
ゲイ無料総合サイト
カウンター